トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

日本の夏といえば。。。

皆さんこんにちわhappy02paper

調子はいかがですかsign02

梅雨はまだあけない感じですがだんだん暑くなってきてますね~coldsweats02

夏はもう目の前で、いろいろ予定はたててますか?

夏はなんと言っても海水浴から祭りからビールの美味しい季節ですよね~beershine

夏の代名詞と言っても過言ではない日本ならではの浴衣も是非今年は着てお出掛けしたいもんですnote彼氏と浴衣デートってのもいいですよねgood

かつて、浴衣といえば、白地に紺か、紺地に白の柄がプリントされたものが主流だったようですflair

しかし、現在は多色染めのカラフルなものも出てきて、若い世代にも大人気で、柄もその時々の流行に応じて、多様に工夫されて豊富。浴衣は気軽な夏の装いですから、洋服を選ぶのと同じように、自分に似合う色と好きな柄で選んで欲しいものですよねnote

最近は刺しゅうを施したり、絞り風なぜいたくな浴衣も出回っていますし、デザイナーズブランドの個性的な浴衣も人気があります。

着物のように、何本ものひもで締めつけたり抑えたりしない分、楽に着ることができる浴衣。それだけに、着崩れしやすい欠点もありますbomb

特に襟元をきちんとしておくのが、ポイントですflair着慣れるしかないのですが、のりをパリッときかせたものを、ほどよく衣紋を抜いて着る。

これが涼しげに見せる一番のコツだそうです。また、帯をきちんと締めるとウエストの細い人は着崩れの原因になりますから、胴にタオル一枚巻いて、寸胴スタイルにして着ると良いみたいですshine

ヘアスタイルもさわやかに。ロングの方はまとめ髪にしてすっきりさせるのも大切です。

また、浴衣を着てからの立ち居振る舞いにも気を付けて。姿勢を正してアゴを引き、ヒザを伸ばして立ち、裾さばきに気を付けて歩くなど、着物が美しく見える姿勢を心がけましょうwink
 まとめ髪に結わき、浴衣をエレガントに、げたをカタカタいわせて縁日へrun
それこそ、夏の清涼感でいっぱい。

通りすがる人々の目を楽しませてくれそうですよねgood

そんな浴衣にも負けないヨーロッパ古着のコーディネートをご紹介したいと思いますupup

F2

Neo Bohemia

チュニックワンピースが欲しくなっちゃうこれからの季節♪刺繍が印象的なワンピースにハンティングベストを合わせるとまた一味違ったコーディネートの出来上がりです♪

http://www.fripe.jp/page34.html

R2_2 Spunky RETRO

大きなバラの柄が特徴的なワンピースに麦わら帽子わ組み合わせちょっとおしとやかな雰囲気のコーディネートです!これからの季節はインパクトのあるワンピースを是非手に入れたいですよね♪

http://www.fripe.jp/page24.html

C2_2

Modern&Femisim

グリーンのスカートがとても印象的でピンクの花柄のトップスを合わせるとさらに周囲の目を惹くこと間違いなし!!色使いがとても素敵ですよね♪

http://www.fripe.jp/page44.html

M2_3 Men's collection

アーミーパンツにレトロ柄のシャツとベストを組み合わせてみました♪
落ち着いたピンクだと取り入れやすいと思います☆

これからの季節は色んな色を取り入れてみたいですよね!!

http://www.fripe.jp/index.html#coordinate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

七変化~

皆さんこんにちわup

梅雨ですね~rain

洗濯物の乾きが遅くてほんと困っちゃいますよね・・・

そしてなんと言っても天然パーマの私にとっては髪の毛がやっかいですcrying

セットしても外に出ると元通り~

なんて事も・・・coldsweats02

でも、思考錯誤のうえにうまれるアレンジなんかもあったりして悪い事ばかりじゃないです。雨の日にしか出来ないオシャレなんてのもありますしねnote

そして6月の花と言えば・・・earpaper

そうですsign03

アジサイですshine

ここでアジサイについてお話しようと思います。

梅雨から夏にかけて咲くアジサイは、七変化と言われるように咲いているうちにだんだん色が変化していきます。そのためか花言葉は「移り気」で、フランスの花言葉では、「忍耐強い愛情」「元気な女性」とされているようですtulip

そんなアジサイ、原産は日本です。しとしと雨が降る庭に咲くアジサイの花、まさに日本の梅雨の風景ですsprinkle

もとは関東地方の海岸に自生していたガクアジサイで、花が手毬状に咲くアジサイはその変形です。

ガクアジサイは中心の小さい両性花と、まわりの大きな装飾花から成っています。その装飾花だけが丸く手毬状になっているのが一般的な手毬型のアジサイですwink 

アジサイは現在いろいろな色の品種が売られています。青、白、ピンク、紫、赤に緑・・・でも本来の日本のアジサイは青だったそうです。

アジサイについてよく言われる話ですが、土壌が酸性だと青くなり、アルカリ性だと赤くなります。もともとの日本の土壌は酸性であるため、日本古来のアジサイは青だそうですflair

「アジサイ」の語源は一説によると、「青い花が集まっている」ので、集めるの意の「あづ」に青の意の「さ藍」で「アヅサアイ」から「アジサイ」となったということだそうですpunch

その青いアジサイが欧米に渡って改良されて、色とりどりの西洋アジサイ(ハイドランジア)が生み出されましたheart04

幕末から明治にかけて来日したヨーロッパの人々が初めて見る美しいアジサイを持ち帰り、青以外の色の花を作り出しました。

元々ヨーロッパは土壌がアルカリ性なために、青かった花も自然と赤っぽくなり、また元来華やかな花を好む欧米人のために色とりどりで大きな花へ変化を遂げました。

そしてその後その西洋アジサイ(ハイドランジア)が言わば逆輸入され、現在の日本でも人気品種となっています shine

シンプルで落ち着いた風情のガクアジサイ、色とりどりで華やかなアジサイやハイドランジア、あなたの好みはどちらでしょうかsign02

そんなアジサイにも負けない七変化&元気な女性をイメージしたコーディネートのご紹介したいと思いますnotenote

F5_5 Neo Bohemian

一際目立つ赤のワンピースにハンティングベストとベルトを組み合わせ、緑×赤の麦わら帽子を被れば、元気いっぱいスタイルの完成です♪

http://www.fripe.jp/page25.html

R5_5 Spunky RETRO

爽やかな白地のブラウスが花柄のスカートを引き立ててくれていて、抜群のバランスですよね♪素敵女子必見のコーディネートです!!

http://www.fripe.jp/page2.html

C5_2 Modarn&Femisim

ロングスカートをワンピース風に着こなしてクロシェを取り入れたスタイルです☆スカーフと麦わら帽子のアクセントが効いてますよね♪

http://www.fripe.jp/page35.html

M5_2 Men's collection

これからの季節には是非とも色をたくさん取り入れたいですよね♪

ピンクの似合う男の子なんて素敵☆

ベストを合わせる事により抵抗無くピンクも取り入れられ、
オシャレを楽しめられると思います!!

http://www.fripe.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年7月 »